月別: 2018年1月

名刺を作る方法は、大きく分けて2通りあります。その1つ目が自分で作るという方法です。名刺を作ることができるツールは、WordやExcelなどに加えてPowerPointやIllustratorなどがあります。これらを使うことが出来れば自分で名刺を作成することが可能です。これらのソフトを使って、名刺のデザインなどを作成した後で自宅のプリンターかコンビニのプリンターを使用して印刷して作ります。自分で作るので、最初は作り方を覚えるまで難しく感じる部分も人によってはあるかもしれませんが、慣れれば自分で作りたいときに作ることができるという点があるので、作成ソフトを持っていたり作成できるスキルを持っていれば挑戦しましょう

そして、気になる値段ですが名刺の紙代や印刷代がかかる程度で比較的安価で作ることができます。名刺用の紙は安いものですと300円程度で入手が可能なので、自分で印刷する場合は300円から500円くらいで作ることも可能でしょう。また、コンビニなどで印刷する場合100部くらいでだいたいカラーだと800円程度です。また、白黒の印刷ともなると500円程度で出来ます。大体この程度で出来ることを知っておくと、名刺を作る時にも値段の目安を把握している分安心して作成に挑戦することができるでしょう。

Pocket

ビジネスマンの間では、持ってることが当たり前となっているアイテムの1つが名刺です。仕事をしていく上で、名刺を受け取ったり相手に名刺を渡したりといったシーンに遭遇したことがあるという人も少なくないはずです。そんな名刺ですが、何故仕事をしていく上で必要なのか考えたことがありますか?まず、名刺は、相手と交流を始めるためのきっかけになるアイテムです。一般的に、名刺の存在意義を考えるとそれを真っ先に思いつくものだと思いますが、他にも名刺を配ることには意味があるものです。

名刺名刺を配る目的というのは、人によってさまざまです。名刺を配ることで連絡先の交換になるほか、自分の名前を憶えてもらうことにも繋がります。自分の情報が詰まった名刺というのは、自分の分身だと言っても過言ではないでしょう。そんな名刺を人に渡すわけですから、きちんとしたものを渡した方が相手にだっていい印象を与えることができます。ですから、これから名刺を作るのであれば名刺を渡す自分の目的をしっかりと理解しておきましょう。

名刺を使用する目的によって、どのような名刺を作るべきなのかも変わってきます。少しでも相手に良い印象を与える名刺を自分のビジネスアイテムとして作ることができるように、ビジネス名刺の作り方についても知っておくと安心です。また、作る際の料金に関しても気になっている人は多いでしょう。そんな名刺の作り方に加えて名刺の作成にかかる費用についてもご紹介します。

Pocket