名刺を作る名刺を作る際には、自作業者に依頼という二通りの方法を選んで作成することが可能なわけですが、どちらにしたら良いのか悩んでしまうという人も居るでしょう。そんな場合、この2つの方法のメリットを比較した上で選んでみてはいかがでしょうか?まず、自作の大きなメリットと言えばやはり値段です。安価で済むのが自作の大きな魅力と言っても過言ではありません。それに加えてすべて自分で作成していく分、オリジナリティを追求している人にとっては自分だけの名刺をつくることができるため他にはない、オリジナルの名刺を作ることができるというメリットがあります。

それに対して業者を選んだ場合、自分で作成する手間が省けて楽という点が魅力です。また、自分の希望に合わせて使用する紙の質なども変更できますし、プロの手で作成してもらっている分、それだけ出来上がったもののクオリティも高くなると言えるでしょう。作成を依頼してから届くまでに日数はかかりますが、事前に把握しておけばかかる日数なども考えて発注することが可能です。また、最近ではスピード仕上げをウリにしている業者も増えてきています。自作と業者に依頼するのにはそれぞれ異なる魅力がありますから、ビジネスのパートナーとなる名刺を作る時にどの方法を選ぶか好みで選びましょう。

参考>>>ビジネス名刺作成依頼|デザイン名刺.net

 

Pocket

業者もう1つの方法というのが、業者に頼んで名刺を作成してもらうという方法です。業者に頼むという方法の場合は、名刺のデザインのデータを業者に渡して作成してもらうというパターンのほかに、業者が用意したテンプレートを使ってデザインを決めたうえで作成を進めていくパターンとあります。場所によっては、デザインの選択肢が多いところもありますから、自分のより理想的な名刺を作ることが出来る場所もあるようです。自分で一からデザインする自信がないという場合でも非常に作りやすい名刺の作成方法と言っても良いかもしれません。

そこで、気になるのが業者を選んで作成を依頼する際の料金です。基本的には、自分で作成するよりも料金は高くなってしまいがちです。一般的に、高いものとなると100部で1000円以上かかると言われていますし、安いものであっても大体500円以上します。それに加えて、使用する紙などにこだわったり要望などが増えてしまうとその分料金も増えていくので、こだわればこだわっただけ費用が高くなると考えた方が良いでしょう。ですが、自分で作成する訳ではないので、自分で名刺を作るようなスキルや作製するためのツールを持っていない人というのはこういったサービスを利用しましょう。

Pocket

next posts >>